ピアノを査定されるポイント

電話やネットを利用して、ピアノ買取を依頼する際は、
どういったことを尋ねられるのでしょうか?

 

必ず求められるのはピアノの査定に必要な情報です。

 

この時に尋ねられる情報は業者により差がありますが、
以下の3点は、まず確認されると思って間違いがないでしょう。

 

まずは「製造メーカー」、それと「ペダルの本数」、
そして「製造番号」…この3つです。

 

それぞれについて、以下でもう少し詳しく説明してきます。

 

1.メーカー名

 

メーカー名に関しては基本的に「人気があり有名なところほど評価も高い」です。
無論、マイナーなメーカーのピアノでも、買取自体はしてもらえます。
しかしそうしたメーカーのものは売れ辛いため、業者側も高値で買い取ることは難しいのです。
高値で買い取られやすいメーカーの例を挙げると、日本製であれば「カワイ」、「ヤマハ」などが。
海外製であるなら「ベーゼンドルファー」や「スタインウェイ」などがあります。

 

 

2.製造番号(品番)

 

製造番号はどこに書かれているのか、意外に知らない方もいるのではないでしょうか。
製造番号は、ピアノのフタを開けたところで確認をすることが出来ます。
この製造晩某というのは、ピアノ固有の身分証明書の役割を果たします。
この番号からは、グレードや製造された年、そしてモデルなどさまざまな情報を割り出すことが可能です。
そのため、ほとんどの業者はこの製造番号を確認してくるのです。

 

3.ペダルの本数

 

多くのピアノには2、3本のペダルが付いているはずですが、
このペダルが何本かによっても、査定額が上下します。

 

3つとも簡単に確認出来る情報ですから、
ピアノの査定を依頼する前に、これらを確認しておきましょう。
そうすることでスムーズに査定が進むでしょう。

↓ピアノを一括査定に出して最高額で売るならこちら

入力はたったの3分!

厳選された複数のピアノ買取業者に無料で一括査定ができます!